カウンセラー紹介

カウンセラーのことは『先生』でなく『もいもい』と呼んでね。

3ROOM 代表 カウンセラー

下井 奈美 臨床心理士/公認心理師

カウンセラーとして17年間活動してきて、実感することがあります。それは、こころは「治す」「癒す」ものというよりも、「育てる」ものという感覚。わたしはこれまで、様々な現場で多くのこどもたちと関わってきました。こどもの成長は、周囲の大人が手をかけ、気にかけ、声をかけながら育んでいくものです。人は人の中で成長していくものです。一方で、人によって受ける傷もあります。そういった体験をしたこども(人)は、自分を守るために人を避けるようになります。人と関わらないという選択をすることも大事な場合があります。でも、やはり人から受けた傷は、人との関係の中でしか癒されないのです。そして、自分に自信が持てるようになるのも、人との関わりがあるからなのです。カウンセリングで関わってきた多くのこども(人)たちが、人との関わりによって、大きく成長している姿を見てきました。その喜びは何にも変え難いのです。だからこそ、わたしは人との関わりを生業としたカウンセラーをしているのだと思います。カウンセリングや周囲の人たちに支えられ、成長したこどもたちが、社会の中で活躍してくれることを願うばかりです。
3ROOMは、多くの人にとってまだ非日常な「カウンセリング」というものを、今よりも身近に感じてもらえたらと作ったサロンです。大人もこどももカウンセリングをもっと日常的に利用するようになれば、カウンセリングが特別なものではなくなる。そうなれば、カウンセリングを利用している人や卒業していったこどもたちが特別な存在ではなくなり、引目を感じる必要もなくなります。そうすることで、病気や障害という呼び名がつく人もつかない人も、垣根がなく生活していける世の中になっていくのではないかと、期待しています。

カウンセラーの経歴

これまで
・大学では教育と心理学を学ぶ(小学校教諭専修免許/幼稚園教諭専修免許)
・大学院修了後は、福祉・教育・医療など様々な分野で活動
・17年間で受けた相談件数は、延べ15,000件以上

現在
・こうの脳神経外科クリニック(脳神経外科/精神科)非常勤
・広島市公立小学校スクールカウンセラー
・広島市立看護専門学校スクールカウンセラー

サロンの沿革

2022年03月14日 広島市中区に3ROOMオープン
2022年03月15日 広島市創業チャレンジ・ベンチャー支援事業 認定

スタッフ紹介

3ROOMは家族3姉妹がそれぞれの得意を持ち寄って一緒に働いています。

3姉妹の三女がカウンセラーで、3ROOMの代表を務める。

長女は元保育士で、15年の経験を活かし、託児担当。出産後からうつ病となるが、療養しながら子育ても頑張っている。

次女は10年前に夫をガンで亡くし、シングルマザーとして働く二児の母。味覚障害のあった夫を食事でサポートした経験を活かし、調理担当。

小さい頃から母親と3姉妹での生活で、苦労もたくさんでした。それでも、周囲の人に助けられながら、たくましく生きてきました。様々な困難も、3姉妹で力を合わせて乗り越えてきました。普通に考えるとマイナスな状況も、私たちならプラスに変えていくことができると自負しています。

悩んでいるあなたへ

苦しい思いが少しでも減ったらいい。
重い心が少しでも軽くなったらいい。
少しでも生きやすくなってくれたらいい。

誰かに悩みを打ち明けるなんて恥ずかしい。
弱い人間と思われたくない。
話したところで変わる訳じゃない。

そんな思いがよぎるかもしれない。
だけど、自分のことを受け止めてくれる人がいること。
安心して自分が出せる場があること。
自分のために誰かが一緒に考えてくれること。

そんな体験が必要だと思うのです。
こどもにも。大人にも。